CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
北浜ダイナー@北浜・大阪
はいはい。最近書く事といえば、月一の大阪出張の話ばかり。
そうです、そうです。
そして今回も大阪出張の話でございます。

先日宿泊して気に入った、北浜エリアに
今回も宿泊をしました。
そして、同行の同僚も隣町の淀屋橋に泊まっていたので、
打ち合わせ後は、前から行きたいと思っていた
「北浜ダイナー」へ行くことにしました。

打ち合わせ後、といっても、始まるのが20:30からで
終わるのが23:00前というダイナミックなスケジュールゆえ、
開いているお店も限られてくるのですが、
幸い、北浜ダイナーは26:00まで元気に営業中です。


Photo:北浜ダイナーはカウンター席メイン

北浜ダイナーは、立ちのみ形式のワインバー的なお店。
カウンター席が9割、端っこに小さなテーブルが2−3ほどありますが、
基本的にはカウンターのほうが注文もしやすいし、いいと思う。
もちろん私たちは、カウンター席で。

メニューを見て驚いたのがその安さ。
コストパフォーマンスの良さは、東京・横浜などとは
比べものにならないのです。はい。


photo:ごぼうチップス 280円也

うすーいスライスしたごぼうを揚げただけ。
のはずが、パリパリとまあ、おいしいこと。
ビールのつまみ、辛口ワインのツマミに食欲を誘う...


photo:エビのオイル煮 値段忘れた

これもプリプリのエビにいい感じに辛味と塩味で、
付いてきたフランスパンにのっけて食べるこの旨さ。


photo:モツ系フーズもしっかりあります

脂っこいものばかり食べてると胃腸疲れちゃう、
弱ってきた僕ら、サッパリ系おつまみもあり感激です。

いずれのメニューも500円でお釣りが来る料金設定。
安い。うまい。そして、店主の対応も押し付けがましくもなく、
店内もキレイ系とくれば、これは◎。

美味しくて、安くて、ホテルから近い、
なかなか満足のいくお店でした。
また行きたい。ららら。

■北浜ダイナー
 営業時間:16:00-26:00
 大阪府大阪市中央区平野町2丁目1-9 IFP平野町ビル1階
 http://dynner.net/index.html
 お気に入り度:★★★★☆

JUGEMテーマ:食べある記|グルメ
| ソトヨル | 01:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
あんつく@那覇市牧志
喉を潤した後、国際通りをぷらぷら。
当たり前ですが、修学旅行生を含む観光客目当てのお店が
軒を連ねており「お土産にどうぞー」な商品ばかり
目に付きました。

何か買おうかと思っても、こう露骨に観光客目当て過ぎると、
なんだか買う気も失せて、
重くなるならいっそ空港で買えばいいし。
と、端から端まで歩いたモノの、
何も買わず…

17時過ぎに商談が終わったので、ご飯でも食べてホテルに帰り、
明日に備えようと言うことになりました。

行ったお店は、いろんなブログでも人気だった「あんつく」。

本当は、石垣島で大人気のペンギン食堂の那覇店の
「小ペンギン食堂」に行こうと思ったのに、
私が沖縄に滞在する水・木が定休日だった。
ばかーーーーーー(号泣)

国際通りから少し離れた路地に、
周囲は真っ暗な中、ぽつんと看板が出ていました。


photo:周りは漆黒です...「あんつく」

本当は「小ペンギン食堂」がダメと知ったとき、
うりずん」にしようかと思ったけれど、
新丸ビル店も出来て、東京でも行けるからね。うん。

「あんつく」の店主はとても気さくな方で、
「泡盛、初挑戦したいんですけど、オススメはありますか?」
なんて質問にも、気軽に答えてくれました。

 古酒の方がアルコール度数が高くても、
 まろやかでおいしいよ。

ということで、頼んだのは瑞穂(古酒)で
アルコール度数43度。
ロックと水割りのセットを注文。
ほかには、大好きなジーマミー豆腐(ピーナッツ豆腐)と
ふーちばーのぽろぽろじゅーしーも。


photo:おいしい琉球料理たち

こうやってみると、酒飲みの食事だ…(笑)

実際、ちびちび泡盛をロックで飲みながら、
ジーマミー豆腐やじゅーしーを味わいました。

ジーマミー豆腐はピーナツの甘みがとってもおいしくて
超高速で胃の中に運ばれていきました。

じゅーしーも、お出汁の優しさと、
ふーちばー(ヨモギ)の苦みが絶妙でした。
ここに生卵をかき混ぜて食べる。
やさしい味でした。

琉球料理って、あれよね、うん。
優しい感じがいいですよね。
だから、長寿出来るんだと思う。

そういえば。
初めての泡盛、いや、厳密には初めてではないけれど、
全然翌日まで持ち越さず、2日酔いにもなりませんでした。
飲んだ量が少ないからかもしれないけれど、
ガブガブ、ではなく、たしなむ程度に飲むにはいいお酒だな。

■あんつく
 沖縄県那覇市牧志1-7-1
 
18:00〜23:00
 定休日:日・祝日
 http://r.tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47000057/
| ソトヨル | 22:54 | comments(0) | trackbacks(1) |
琉球料理てぃーあんだ@扇町:大阪
クリスマスムードが徐々に盛り上がりつつありますが、
出張中は当然ウキウキというより、グロッキー。

仕事が終わった後、ケーキでも!? なんて気分より
体に染み渡るお酒が恋しくなる渋いお年頃でもあります。

そこで、行ってみたのが琉球料理のお店。


photo:島らっきょう

島らっきょうの塩漬け、おいしいですよね。
さっぱりしてて。
実は最近、自宅ではエシャレットを島らっきょう風に
塩漬けにしてかじってます。
おいしい。それもおいしい。
鰹節と醤油もいいのですが、
別のお店で食べた島ラー油和えもいいですね。
今度話題の桃屋のラー油でやってみようかしらん。


photo:ジーマミー豆腐の揚げ出し

ジーマミー豆腐は、大豆ではなくピーナッツのお豆腐。
揚げられて、中がトロトロになっていました。
おいしいですね。これも。
ちゅるん、と食べれてしまうのです。


photo:塩焼きそば

麺党?の同僚が頼んだ塩焼きそば。
ソース焼きそばと比べてさっぱりしているのが特徴ですね。
どれもおいしかったし、値段も馬鹿みたいに高くないし。
これに泡盛で作った梅酒を片手に、お互いをねぎらって、
帰りました。

このお店、土曜日の18時くらいにもかかわらず、
予約でいっぱいでした。
なんとか2名こっそり入れた感じです。

今度はきちんと食事でお伺いしたいです。

あ!ソーキそば、食べたかったなー

■てぃーあんだー
 17:00〜24:00(L.O.23:30) 
 大阪市大阪市北区末広町3-22
 http://www.be-ing.jp/~t-under/index.htm
| ソトヨル | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
マルゴ丸の内@東京丸の内
お寿司を食べてさらに気をよくして、ちょっとこのまま、
ブリックスクエアでお酒でも?ということになり
行ったお店は、ブリックスクエア1階のワインバー
マルゴ丸の内。


photo:壁面にはワインがずらーっと

新宿にもあるお店らしいのですが、
フランス産をメインに、シャンパンからワイン、
ワインを手頃に楽しめるお店です。

私たちはカウンター席で、生ハムをオーダーし、
赤ワインを堪能。


photo:生ハム大好き

ワインと生ハムの組み合わせはうまいですな。ええ。
大好きですよ、私。
スーパーで売っている、うそっぱち生ハムなんか嫌い。
くすん。

おいしいワインを片手に、隣の人の会話に何気なく
耳を傾けたり(盗聴!?)
なんか、のんびりお酒を飲んで、雰囲気も良くって
ブリックスクエア、食事にくるなら使えるかもしれませんね。

B1のお店には芸能人からの開店祝いがたくさん届いている
ホルモン屋さんとかも気になったし。

東京周辺で店選びに困ったら、とりあえず、ブリックスクエアを
チェキラーです。

■マルゴ丸の内
 11:00〜24:00(L.O.23:00) 
 東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア1F
 http://www.marunouchi.com/brick/shop/detail/marugo.html
 http://r.gnavi.co.jp/e533310/
| ソトヨル | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
まんてん鮨@東京丸の内
エシレのフィナンシェをゲットして気をよくした私は、
帰宅前にお寿司をつまむことにしちゃいました。
ちょっとだしね、あの、小腹の足しにくらいに・・・

ブリックスクエアB1にある「まんてん鮨」さんは
「お寿司屋さんです」という感じではなく、
スタンド寿司形式のお店。

でもね、結論から言うと、清潔感あふれるし、
接客もとっても気さくで感じの良いお店でした。

初トライアルのこの日は、おまかせ3,150円コースをセレクト。
苦手なネタなども、ちゃんと確認してくれるので、
「げ、これは苦手なんだよね」というのはでないと思われ。
でも、寿司で苦手なモノってほとんど無いな。


photo:なんと12貫

このトロ!やばいっ。

でも、実は一緒に行った同僚と半分ずついただいたので、
私はトロは食べられませんでした。

でもね。


photo:まんてん名物ワンスプーンうに!

まんてんスプーンうには、いただきました(感涙)
このバフンウニ、あまくてめちゃくちゃおいしかったです。
久々に食べたこのうまさ!何個でも食べたい・・・とつぶやくと、
お店の方が、
「栄養たっぷりだから、翌日お腹まわりに来ますよ(笑)」
と優しい警告。

次回はトロも食べてやる。(固い決意表明)

なんにしても、本当にネタの良いおいしいお寿司でした。
フロアスタッフのお姉さんも
握ってくれた板前さんたちも、にこやかで気さくで
気持ちの良い接客にも好感が持てました。

東京周辺のお寿司屋さんなら、ここがいいかな。
築地まで足を伸ばす時間が無くて、寿司が食べたければ。

よいお店、みつけた。
一人でも全然行けそうだー

■まんてん鮨
 ランチ  月〜日 11:00〜15:00(L.O.14:30)
 ディナー 月〜日 17:00〜23:00(L.O.22:30)
 〒100-6990 東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエアB1
 http://www.marunouchi.com/brick/shop/detail/mantensushi.html
 http://r.gnavi.co.jp/e533309/
| ソトヨル | 23:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/4PAGES | >>